トイレ : ハウスクリーニングを京都で頼むなら当店にお任せ下さい

トイレ

浴室・トイレ換気扇クリーニング

京都で浴室とトイレの換気扇クリーニングに行ってきました。
7~8年程分解してクリーニングをしていないので綺麗にして欲しいとの事、浴室やトイレなどの水周りは換気をよくしないと匂いがこもったりカビが発生してしまうので気をつけたいですね。

トイレの換気扇は壁についているタイプで浴室の換気扇は天井についているタイプのものです。

こちらはトイレの換気扇。
P1030935P1030936


左が本体で右がファンとカバーになっています、換気扇全体を壁から外し、分解した状態です。

汚れ的には頑固ではないので簡単に綺麗にすることができます。
P1030938P1030937



こちらは浴室の換気扇です。
P1040046
かなり詰まっている状態です、これではまともに換気をすることができないので浴室に湿気がこもってしまいます、カビが発生する原因になります(_□_;)!
分解してアルカリ性の洗剤が入ったタンクに漬け置きします、これで殆どの汚れは分解されるので後は水圧で流せば綺麗になります、今回の様にファンの羽が細かくてブラシが届きにくい物に対しては洗剤と水の力を使った方がこうりつはかなり上がりますヽ(^◇^*)/
P1040053
綺麗になりました。

クリーニング後は音が変わります、汚れが詰まっているとファンの羽と羽の間が汚れで埋まってしまうので音は静かです、この汚れを綺麗に掃除してあげるとファンの羽が空気を切り裂いてる音がよく聞こえるようになります。

「フォ~~~~~ン」って感じの音。
K様、本日はご注文いただきありがとうございました。

トイレ換気扇クリーニング

引越し前のハウスクリーニングの注文をいただきました、場所は京都市東山区にある2DKのマンションです。作業内容はトイレのお掃除、当店のトイレのお掃除の内容は基本的にトイレのお部屋全体になります、扉・照明・窓・天井・壁面・床・便器・便座です、勿論便器や便座のみのお掃除も受け付けております( v ̄▽ ̄)

今回はその中のひとつ、換気扇の分解クリーニングについての投稿です。換気扇のクリーニングは一般の方には手の入れにくい箇所のひとつだと思います、細かいファンの隙間にある汚れを取り除くには分解が必要になってきますのでできれば作業が慣れているプロの方にお願いすることをお勧めいたします。

無理に分解して故障( ̄▽ ̄;)!!ガーン

なんてことが無いように。

P1030726

いきなりですが分解し取り外したファンとファンハウジング、それほどではありませんが汚れ付いているのがわかります、これらを洗剤に漬け込んで綺麗に掃除していきます。使用するのはアルカリ洗剤、50倍希釈。

P1030727 P1030731

10分程漬け込んでやわらかくなった汚れを高水圧で流せば画像のように綺麗になります、油汚れがきつい時は希釈倍率を変更したりお湯を使用したりして様子を見ながら漬け込んでいきます。

P1030726 P1030732

綺麗になりました、画像をクリックすれば拡大表示されるので見てやってください。

ご家庭で漬け置きする場合はお湯を使用することをお勧めします、温度は温すぎても熱すぎても良くありません、50~60℃位がおすすめ、洗剤の効力がもっとも発揮される温度です、汚れがやわらかくなる意味もありますのでお試しください(^ー゚)ノ

M様ありがとうごいました。