事例 : ハウスクリーニングを京都で頼むなら当店にお任せ下さい

事例

床(フローリング)剥離・ワックス

先日、京都の左京区で床のクリーニングの依頼をいただきましたので、本日作業して来ました、マンションの床で所々ワックスが剥がれてしまっていたので、一度すべてのワックスを剥離し、新しいワックスを塗布します。

P1030926

現状の床の状態です、真ん中のワックスが剥がれてしまっているのが分かるかと思います、フローリングの場合、ワックス剥離剤は中性で粘性のあるものを使用し、1㎡位を手作業で作業していきます、フローリングに長い間水分をさらしていると木がむくんだり変形したりするので、水分がしみこまない様に粘性のあるものを使用し、ワックスが剥がれた所からすぐに回収します。

P1030927 P1030928

左は剥離途中の画像、奥の方が剥離後、手前が剥離前です、右の画像はワックスの剥離が終わった状態です、ワックスがすべて剥がれたら、剥離剤が残らないよう何回も水拭きし、最後に乾拭きし床を乾燥させ、ワックスを塗布します。

P1030929 P1030932

ワックス塗布の前後の画像です、今回使用したワックスはディバーシーのステイタス、光沢、耐久性に優れている最高級のワックスですd(>_< )Good!!

次回のメンテナンスは2~3年後、次はワックスを剥がさずに洗浄し、ワックスを塗布します、今回の作業は12帖で37.800円です、

次回はおそらくその半分くらいになるかと思います。

H様、長い間お付き合いいただきありがとうございました、またよろしくお願い致します。

TOYOキッチンクリーニング

京都市の右京区でハウスクリーニングの依頼をいただき、本日の午前中に作業させていただきました、なかなkであうことのないTOYOキッチンでした、TOYOキッチンといえば大きなお家やお洒落なお家に使われていることが多くとても高価なシステムキッチンです、シンクなどのステンレスの部分は鏡面仕上げで軽く磨いてあげるだけでピカッと光るのでこちらとしましても気持ちがよいですヽ(^◇^*)/

SN3V0061 SN3V0062

クリーニング後の画像です、もともとそんなに汚れていなかったのでクリーニング前の画像は撮ってません、一般のシンクと同じように作業してもTOYOキッチンは良い仕上がりになるので個人的には好きです。

グリーストラップクリーニング

京都のお店のグリーストラップをクリーンニングしてきました。
グリーストラップとは(。´・ω・)ん?って方が多いと思うので説明しときます。簡単にいったらグリース(油)トラップ(罠・仕掛け)、料理などで出た油を排水溝に流れないようにする仕掛けです、飲食店には必ずあります、水質汚濁防止法による設置義務のためです。

グリーストラップの中には油だけではなく料理で出た食べ物のカスなどが紛れていますので匂いはかなりのものです、3ヶ月~半年のスパンでクリーニングされることをお勧めします。
グリーストラップは床に設置されていて、普段は鉄板で蓋がしてあります、その蓋をあけると・・・
P1030476
こんな感じ、これらを綺麗に掃除します、匂いを我慢しながら(笑

グリーストラップのクリーニング方法は外せる仕切り版を外して水洗いし、本体に残ったドロドロのよごれをすくってきれいにしていきます。

P1030485

クリーニング後の画像です、水が透き通って綺麗になったのが分かるかと思います。
匂いもなくなりました。ヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

N様、ありがとうございました。

浴室・トイレ換気扇クリーニング

京都で浴室とトイレの換気扇クリーニングに行ってきました。
7~8年程分解してクリーニングをしていないので綺麗にして欲しいとの事、浴室やトイレなどの水周りは換気をよくしないと匂いがこもったりカビが発生してしまうので気をつけたいですね。

トイレの換気扇は壁についているタイプで浴室の換気扇は天井についているタイプのものです。

こちらはトイレの換気扇。
P1030935P1030936


左が本体で右がファンとカバーになっています、換気扇全体を壁から外し、分解した状態です。

汚れ的には頑固ではないので簡単に綺麗にすることができます。
P1030938P1030937



こちらは浴室の換気扇です。
P1040046
かなり詰まっている状態です、これではまともに換気をすることができないので浴室に湿気がこもってしまいます、カビが発生する原因になります(_□_;)!
分解してアルカリ性の洗剤が入ったタンクに漬け置きします、これで殆どの汚れは分解されるので後は水圧で流せば綺麗になります、今回の様にファンの羽が細かくてブラシが届きにくい物に対しては洗剤と水の力を使った方がこうりつはかなり上がりますヽ(^◇^*)/
P1040053
綺麗になりました。

クリーニング後は音が変わります、汚れが詰まっているとファンの羽と羽の間が汚れで埋まってしまうので音は静かです、この汚れを綺麗に掃除してあげるとファンの羽が空気を切り裂いてる音がよく聞こえるようになります。

「フォ~~~~~ン」って感じの音。
K様、本日はご注文いただきありがとうございました。

キッチン換気扇クリーニング

京都のお客様からハウスクリーニングの依頼をいただいたので、先日作業をしてきました。場所は京都市南区のマンションでクリーニングの内容はキッチンの換気扇、天井に埋め込んであるタイプの換気扇でかなり油が詰まってしまい自分では掃除できないのでご注文をいただきました。

天井埋め込みの型の換気扇は分解が必要になるので一般の方がクリーニングするのは難しいかと思います、カバーをはずしてみると油がかなり詰まった状態で換気効率がかなり低下してます。

P1030753

とりあえず外せるものは外し、洗剤が入ったタンクの中に入れ、汚れをやわらかくし、ブラシで擦ります、これを何回か繰り返し綺麗にクリーニング( ・_・)r鹵~<巛

P1030756

汚れが取れたら組み立てて作業は終了、お客様にも喜んでもらいましたし、ファンが音を立てて勢いよくまわるので、換気効率もかなり上がりましたヽ( ´¬`)ノ

後から聞いた話ですが、今回作業を依頼してくださったお客さんは、先日作業させていただいた方からの紹介だそうです、結構みなさん口コミで広げてくださるのでとても助かっています、本当にありがたいですね

(^人^)感謝♪

H様、本日は長い間ありがとうございました。

滋賀県・換気扇クリーニング

滋賀県の大津市で換気扇のクリーニングに行ってきました、いつもお世話になっているマンションオーナー様からの依頼です。

ワンルームマンションの換気扇なので天井に埋め込んである小さな換気扇で、キッチンにあるので油汚れがびっしり、カバーの裏にまで油がたれてしまっていてガスコンロに落ちそうな勢い、こちらは洗剤をつけてブラシで擦っても時間がかかるだけなので漬け置きで油分をやわらかくしてからブラシで洗浄します。

P1030203P1030084

右の画像が漬け置き中、洗剤はアルカリで汚れがきつい時には苛性ソーダのフレークを足したりしてます。

これがクリーニング後↓

P1030216

今更ですが画像クリックすると拡大されます、興味のある方は見てやってください( ̄ー ̄) 油分のきつい部分は塗装が劣化して取れてしまいます、裏なので塗装はしませんが、表の塗装がとれてしまった場合はスプレーで再塗装します。

ファンとファンカバーも同様にクリーニング。

P1030204 P1030218

油汚れが残ることはありません、因みに今回、お風呂場とトイレの換気扇もクリーニングさせていただきました。

お風呂場です。↓

P1030201 P1030215

トイレです↓

P1030202 P1030214

M様、いつもありがとうございます、またのご注文お待ちしております。

キッチン換気扇クリーニング

キッチンの換気扇のクリーニングに行ってきました。

京都にある単身用マンションの換気扇なので天井埋め込み型の小さなタイプの換気扇です。

P1030014

カバーを分解するとこんな感じ。

P1030012

これらを分解し綺麗に掃除します、あんまり見ないタイプの換気扇でおそらく三菱製だったと思います。

P1030007

細かい部分が多いのでアルカリ洗剤で付け置きし、ブラシで綺麗にクリーニングします。

P1030008 P1030010

今回依頼された理由は料理をしていると油がポタポタと落ちてくるから、だそうです。このタイプの換気扇は汚れを貯めておける部分が無いのでファンから落ちてくる汚れはそのまま下に落ちてしまいます。

なのでフィルターを付けることをおすすめいたします、今回のタイプの換気扇用のフィルターは売っていません、おそらく、なので一般家庭用のレンジフードの後付フィルターを切って使用するようにしてください。

キッチン換気扇クリーニング

お客さんから引越し前のハウスクリーニングの依頼がありました、内容は換気扇のクリーニング、あまりにも汚くて手に負えないので分解してクリーニングして欲しいとのこと。

P1030224

確かに、かなり汚れてる。 到底素人の方が手におえる範囲ではありませんでした。

とりあえづ分解できるものは分解して漬け置き、取りはずしたものはファン・ファンカバー、本体についているモーターと羽を開くユニットも外して洗える状態にします。

P1030227 P1030235

 洗浄前と洗浄後の画像です、お客さんに喜んでいただいたのでこちらも満足です。y( ̄ー ̄)y

P1030224 P1030236

A様、ありがとうございました。

浴室乾燥機クリーニング

京都市中京区のお客様からのご注文で浴室のエプロンしたと浴室乾燥機の分解クリーニングをしてきました。

当店が開業してからのお客様で3ヶ月に一度位のペースでご注文をいただいてます、前回はエアコンと分解クリーニングとレンジフードのクリーニング今回は去年掃除させていただいたお風呂場の浴槽(エプロン)の下のクリーニングです。

浴槽のエプロンが外れることを知らない方が結構多いみたいです、できれば毎年お掃除してあげるのが理想です、長い間掃除していないと匂いが発生したり子バエが出たりすることもあるのでご注意ください。

P1030741

画像は浴室乾燥機、ファンがふたつありますが左が乾燥機用のファンで右が換気扇用のファンになっています。左下にあるコイルのようなものが温まってファンが回り、浴室内に風を出す仕組みなっています。

ホコリ詰まっているのがわかります、これでは効率良く浴室内を乾燥したり換気することができないのでできるところまで分解し、クリーニングしていきます。

P1030742 P1030744

左が分解後の画像で右がクリーニングを画像です。綺麗になったのがわかるかと思います。

これで効率良く乾燥・換気が行えます。こちらのクリーニングは2年に一度のクリーニングがお勧めです。

N様いつもありがとうございます。

トイレ換気扇クリーニング

引越し前のハウスクリーニングの注文をいただきました、場所は京都市東山区にある2DKのマンションです。作業内容はトイレのお掃除、当店のトイレのお掃除の内容は基本的にトイレのお部屋全体になります、扉・照明・窓・天井・壁面・床・便器・便座です、勿論便器や便座のみのお掃除も受け付けております( v ̄▽ ̄)

今回はその中のひとつ、換気扇の分解クリーニングについての投稿です。換気扇のクリーニングは一般の方には手の入れにくい箇所のひとつだと思います、細かいファンの隙間にある汚れを取り除くには分解が必要になってきますのでできれば作業が慣れているプロの方にお願いすることをお勧めいたします。

無理に分解して故障( ̄▽ ̄;)!!ガーン

なんてことが無いように。

P1030726

いきなりですが分解し取り外したファンとファンハウジング、それほどではありませんが汚れ付いているのがわかります、これらを洗剤に漬け込んで綺麗に掃除していきます。使用するのはアルカリ洗剤、50倍希釈。

P1030727 P1030731

10分程漬け込んでやわらかくなった汚れを高水圧で流せば画像のように綺麗になります、油汚れがきつい時は希釈倍率を変更したりお湯を使用したりして様子を見ながら漬け込んでいきます。

P1030726 P1030732

綺麗になりました、画像をクリックすれば拡大表示されるので見てやってください。

ご家庭で漬け置きする場合はお湯を使用することをお勧めします、温度は温すぎても熱すぎても良くありません、50~60℃位がおすすめ、洗剤の効力がもっとも発揮される温度です、汚れがやわらかくなる意味もありますのでお試しください(^ー゚)ノ

M様ありがとうごいました。

水回りクリーニング

今日は大阪で水回りのクリーニングに行ってきました。

現場は大阪の吹田市で水道水に含まれる成分の影響で水アカが非常に付きやすい地域です、京都でも地域によってこの様な違いはあります。
京都市内では水道水に含まれるカルキの量が少ないため水アカはそれほど気になりませんが、向日市や長岡京市ではカルキの量が多いため、水アカが非常につきやすくなっています。鏡に付く鱗状跡で困られている方も多いと思います。

この様な頑固な水アカは基本的に酸で緩くしてから除去します。

P1030788-300x225P1030790-300x225

写真は洗面ボウルです。ガラス製でおしゃれな感じ、これは酸で柔らかくし、傷のいかないパットでクリーニングしました。

お風呂のガラスはダイヤパットでクリーニング。

P1030789-300x225P1030792-300x225

H様、本日はありがとうございました。

シンク研磨

今日は京都の不動産屋さんの依頼でシンクの研磨に行ってきました。

中古住宅を購入されたお客様に不動産屋さんからのプレゼントの様です。

こちらとしても2割の値引きをさせていただきいつも通りの作業をさせていただきました。

5工程でパットやコンパウンドを用いて作業しました。傷が目立たなくなり程良く光りましたK様、ありがとうございました。

シンク研磨01シンク研磨02

1 / 212